本当は「幸せになりたくない」と思っている人

今日は「幸せになりたくない人」

についてです

 

 

そもそも幸せってなんでしょうか?

幸せって本人にしか

決めることができませんよね

 

 

たまに人の幸せや不幸認定を勝手に

している人がいるけれど

そんなことは誰にもできません

 

 

 

 

本当は幸せになりたくない人

 

「本当は病気を治したくない人がいる」

「本当は成功したくない人がいる」

って言う人がいます

 

 

それってどういう意味なんだろうか?

と考えてみた

 

 

だって病気を治したくない人なんているの?

って思いませんか??

 

 

でもどうやらいるらしい

そして結構多くの人の中で

これが顔を出すみたい・・・

 

 

多分私だって意識しないと

あちらに流れがちに・・・

 

 

例えば、幸せ=◯◯で成功すること

と思ってる人がいるとします

 

 

でも現実はその人が思ってるような

そのゴールへ向かっていない

 

 

◯◯だから挑戦できないと言う

◯◯に病気とかがはいったりする

 

 

そして1日1日の行動で

少しずつそのゴールからずれる道を

自分で選んでいる

 

 

だって◯◯だから出来ない!と言って

幸せの自分像に向かわないのです

 

 

なぜ自分は自分のゴールを

避けてしまうのか?

その理由はいろいろあって

 

 

もし本気でやっても

うまくいかなかったらどうしよう〜

自分の実力を怖くてためしたくない・・・

 

 

だから病気のままの自分を選ぶ

 

 

もしくは◯◯で成功するのが私の幸せよ!っ

て思ってても

実は今の状態の方が良いと感じている

 

 

世間から「何者かであれ!」ってあおられて

自分も何かしなければいけないのかな?

と思ってしまっている

 

 

これはそもそも自分の幸せの定義が

間違っているということ

 

 

だから、まず自分がどうなったら

どういう事が起きたら

どんな瞬間に喜びを感じハッピーになるか?

 

 

とことん自分の中の欲望に

向き合うしかない

 

 

これが結構ツラかったりする

自分の全身をまじまじと鏡でみるのと

同じぐらい目を背けたくなるときがあるw

 

 

でもそれが分からなければ

ゴールを決めることができないから

進むべき道が分からない

 

 

そしてもし今のままのが良いのなら

願いが叶わず不幸な自分

という立ち位置をやめて

 

 

自分はこの道で行くんだと

決めるほうがいい

 

 

もしゴールがわかって進みたい

でも何かを言い訳にしてしまうなら

ただ幸せになる勇気を持つしかない

 

 

«   »  

 

カテゴリー一覧

人見知りブログ ビジネス編

一覧を見る

人見知りブログ プライベート編

一覧を見る
Copyright © 広島 愛される会話術 ライフトークウーマン All rights reserved.