自己啓発にはまる女たち

前にも書いたけど、

10何年前「自己啓発系のワーク」

に行っていた時期がありました

 

 

 

なんだか生き辛くて

どうしていいか分からず

楽になれるかもしれないと

思い通っていた

 

 

 

世間の常識みたいなもの

いわゆる「普通」と言われる事が

自分には出来なくて

 

 

世間の常識に合わせると苦しくて

その苦しみの素を知りたかったし

もっと楽に生きたい!と思った

 

 

そこで出会った女性の方々も

同じような感じだったと思う

その主催者の方は聡明で

まさに抗い難い魅力の持ち主でした!

カリスマってやつです

 

 

参加している人たちの未来の可能性を

その人たち自身よりも

その方は信じていると語っていました

 

 

その人に「大丈夫!やればデキル!」

とか「あなたにはこんな才能がある!」

と言われれば

 

 

「私ってこんなもんじゃないんだ」

「やれば出来る」と心躍ったものです。。

 

 

「わたしってこんな

スペシャルな才能があるんだ!」っと。

すごくうれしくて何でもデキルような気分に

なりました

 

 

世間の常識通りに生きられなくても

いいのかも?!と感じて安心していきました

 

だけどだんだんとそこでも

ある違和感を感じるようになりました

 

 

いわゆる自己啓発仲間の中では

その主催者に言われた事が正義であり

常識であるというような雰囲気になった

 

 

私の場合は気が付けば「世間の常識」から

「その自己啓発仲間の常識」に

軸を移しただけだったのだ

 

 

ぜんぜん「自分」というものがなく

今度はそこの常識にふりまわされるように・・・

 

 

もちろんきちんと自分の軸で

生きていけるようになった人も

いると思います

 

 

でももっと

「この現実世界で楽に生きていけるよう」

「自分の足で生きていけるよう」

と思って参加しても

 

 

結局、現実世界を否定して

こっちの世界が正解!みたいな感じに

なってしまう人が結構いるのが現実

本当に楽になりたいのなら

そこで英気を養えた後は

現実世界で少しずつ勇気をだして

自分を出していくしかない!のだと思う

 

 

自分で考えて自分で選択して自分で発信して

自分で他人と関わっていくしかない

 

 

じゃないと単に軸をずらしただけに

なってしまうから!

 

 

«    

 

カテゴリー一覧

人見知りブログ ビジネス編

一覧を見る

人見知りブログ プライベート編

一覧を見る
Copyright © 広島 愛される会話術 ライフトークウーマン All rights reserved.