「言ったつもり」が起こる原因

ミスコミュニケーションが起こる原因ってほとんどこれではないでしょうか

自分は言ったつもり

相手は言われた覚えが無い

全く伝達、報告をしていないのではない、本人は言ったつもり、なのです!

不思議ですよね


「言ったのに、なぜ伝わらないのか?」というと

自分の言葉を相手に向けて発していないのです

 

特に、言い辛い事、言い辛い相手に話す時に自分に向けての言葉を発していて

それを相手へ向けたと勘違いしている方が多いのです

 

自分への言葉というのは、一人の時につぶやくような言葉です

心の中でつぶやいている状態は完全に自分に向けて発信しています

例えば、「あー私これ苦手なんだよな〜」なんていう発信は

自分に向けてのものです

 

自分は勇気を持って発信したので相手に伝わっていると思っている

でも自分へのつぶやきのような発信は相手の心に留まりません

だから次もそのあなたが苦手だというものを相手が差し出す可能性があります

 

そしてあなたは、「この前苦手だと伝えたのに!!(怒)」みたいな・・

あなたが相手に伝えたいのなら、「私は○○が苦手なので、今度から出さないで欲しいです」と

いう発信をする必要があるのです

 

この「言ったつもり」発言は、自分へのつぶやきを声にだしたような発信に端を発している事がほとんど

お相手に渡す言葉になっていないのです

言い辛い事の時は特に注意してくださいね!自分への言葉になっていないかどうか。。

«    

 

カテゴリー一覧

人見知りブログ ビジネス編

一覧を見る

人見知りブログ プライベート編

一覧を見る
Copyright © 広島 愛される会話術 ライフトークウーマン All rights reserved.